借りるの特集一覧

広島市安佐南区の特徴
 広島市域の北西部に位置し、東西に18.7キロメートル、南北に10.8キロメートルの広がりをもち、面積は117.21平方キロメートル、現在は広島市最大の人口を有しています。
 広島広域公園のある沼田地区では、「住み」「働き」「学び」「憩う」といった複合的機能を備えた、新たな都市拠点である西風新都の整備が進んでいます。
 一方、特産の広島菜の栽培などにみられるように、川内地区などは肥沃な農地が多く、市民への新鮮な野菜の供給地となっています。

賃貸物件の特徴
 旧市内(広島市中区、広島市西区、広島市東区、広島市南区)より比較的駐車場代が安いということ。駐車場が安いいうことは賃料トータルが安くな…
広島市中区の特徴  
 太田川河口デルタ地帯の中央部に位置し、面積は約15平方キロメートルで、東は京橋川、西は天満川と接しており、区の中央には元安川と本川が流れています。  
 中心部は広島広域都市圏や広域経済圏の中心でもあり、紙屋町、八丁堀地区においてデパート、地下街、専門店などの商業施設や官公庁、銀行、企業の本・支店などが集積しており、バスセンター、市内電車、アストラムラインが多様な都市活動を支えています。

賃貸物件の特徴
 広島市で賃料が一番高い地域ですが、交通便等利便性がよく人気の地域です。
駐車場の相場として、月額20,000円~30,000円と他のエリアより高くなるため注意が必要です。
広島市南区の特徴  
 広島の陸の玄関口である広島駅と海の玄関口である広島港を有し、旅客と物流の拠点となっています。近年、大型商業施設の出店も相次いでおり、広島市民の新たなショッピングエリアとして期待されています。  またプロ野球広島東洋カープの本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島も広島市南区に位置しており、今まさに注目のエリアです。

賃貸物件の特徴  
 広島市内で中区に次いで2番目に賃料が高い地域ですが、市内中心部・広島駅へのアクセスもよく交通の利便性の高い人気エリアです。
広島市西区の特徴
 広島市の南西部に位置し、東を天満川、西を八幡川に挟まれた区域、面積は35.67平方キロメートル、人口は約18万8千人です。
 己斐地区及び横川地区は、交通ターミナル機能・商業機能を活かした地域拠点として、西部商工センター地区は、トラックターミナルや中央卸売市場など一大流通団地及び商業街区を擁する市の経済・流通拠点としての発展が期待されています。
 東部は住宅と商業・工業機能などの複合した市街地、西部は緑豊かな山地丘陵に恵まれた良好な住宅地です。

賃貸物件の特徴
広島市中区の市内中心部より賃料が安いので、新婚にはピッタリ!
広島市東区の特徴
 広島市の陸の玄関口である広島駅新幹線口に隣接し、北東には山陽自動車道広島東ICを擁しており、広域的な交通条件に恵まれた地域です。 面積は市内8区中で5番目の約39.4平方キロメートルで、人口は7番目の約12万2千人です。  東区の大部分は住宅地や広島駅新幹線口周辺の商業地が占めており、北東部では豊かな自然を活かした近郊農業が行われています。

賃貸物件の特徴  
 場所によってはアクセスが悪いところもあるが、アストラムライン・JR・路線バスなどの利用ができ比較的交通の便はよい。  ファミリー層から人気の高い牛田エリアは特にお勧めです!
広島市佐伯区の特徴
 広島市の西部に位置し、西は廿日市市、北は安芸太田町に接している区域。面積はしない8区中2番目の約224平方キロメートル、人口は5番目の約13万7千人を有する区です。都心に近く自然豊かな特性を生かし、広島市のベッドタウンとして発展しました。   
 南部は五日市駅周辺・コイン通り商店街・ファミリータウン楽々園を中心とした商業の盛んなエリア。北部は豊かな自然を生かしキャンプ場や温泉施設、農業も盛んな地域です。

賃貸物件の特徴  
 広島市の中でも比較的賃料相場の安い地域です。 JRや路面電車を利用すれば市内中心部まで楽々通勤可能です! 「広島市中区・広島市西区は高い」とお考えの方、広島市佐伯区に住んで…

広島市安佐南区の特徴
 広島市域の北西部に位置し、東西に18.7キロメートル、南北に10.8キロメートルの広がりをもち、面積は117.21平方キロメートル、現在は広島市最大の人口を有しています。
 広島広域公園のある沼田地区では、「住み」「働き」「学び」「憩う」といった複合的機能を備えた、新たな都市拠点である西風新都の整備が進んでいます。
 一方、特産の広島菜の栽培などにみられるように、川内地区などは肥沃な農地が多く、市民への新鮮な野菜の供給地となっています。

賃貸物件の特徴
 中心部より少し郊外に住みたい方は、広島市安佐南区がおすすめ!アストラムラインを利用すれば市内まで通勤することも可能!
駐車場も相場として…
広島市西区の特徴
 広島市の南西部に位置し、東を天満川、西を八幡川に挟まれた区域、面積は35.67平方キロメートル、人口は約18万8千人です。
 己斐地区及び横川地区は、交通ターミナル機能・商業機能を活かした地域拠点として、西部商工センター地区は、トラックターミナルや中央卸売市場など一大流通団地及び商業街区を擁する市の経済・流通拠点としての発展が期待されています。
東部は住宅と商業・工業機能などの複合した市街地、西部は緑豊かな山地丘陵に恵まれた良好な住宅地です。

賃貸物件の特徴
 場所によってはアクセスが悪いところもあるが比較的交通の便はよい。
広島市中区の市内中心部より賃料が安い!
特に横川駅周辺は、市内中心部…
広島市中区の特徴
 太田川河口デルタ地帯の中央部に位置し、面積は約15平方キロメートルで、東は京橋川、西は天満川と接しており、区の中央には元安川と本川が流れています。
 中心部は広島広域都市圏や広域経済圏の中心でもあり、紙屋町、八丁堀地区においてデパート、地下街、専門店などの商業施設や官公庁、銀行、企業の本・支店などが集積しており、バスセンター、市内電車、アストラムラインが多様な都市活動を支えています。

賃貸物件の特徴
 広島市で賃料が一番高い地域ですが、交通便等利便性がよく人気の地域です。
駐車場が要らない方には特におすすめ!
広島市南区の特徴
 広島の陸の玄関口である広島駅と海の玄関口である広島港を有し、旅客と物流の拠点となっています。近年、大型商業施設の出店も相次いでおり、広島市民の新たなショッピングエリアとして期待されています。
 またプロ野球広島東洋カープの本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島も広島市南区に位置しており、今まさに注目のエリアです。

賃貸物件の特徴
 広島市内で中区に次いで2番目に賃料が高い地域ですが、市内中心部・広島駅へのアクセスもよく交通の利便性の高い人気エリアです。
広島市東区の特徴
 広島市の陸の玄関口である広島駅新幹線口に隣接し、北東には山陽自動車道広島東ICを擁しており、広域的な交通条件に恵まれた地域です。
面積は市内8区中で5番目の約39.4平方キロメートルで、人口は7番目の約12万2千人です。
 東区の大部分は住宅地や広島駅新幹線口周辺の商業地が占めており、北東部では豊かな自然を活かした近郊農業が行われています。

賃貸物件の特徴
 場所によってはアクセスが悪いところもあるが、アストラムライン・JR・路線バスなどの利用ができ比較的交通の便はよい。
 牛田や矢賀エリアには単身者向け物件が多く、賃料を抑えた物件も多いため学生の方にもお勧めのエリアです!
広島市佐伯区の特徴
 広島市の西部に位置し、西は廿日市市、北は安芸太田町に接している区域、面積は市内8区中2番目の約224平方キロメートル、人口は5番目の約13万7千人を有する区です。都心に近く自然豊かな特性を生かし、広島市のベッドタウンとして発展しました。
  南部は五日市駅周辺・コイン通り商店街・ファミリータウン楽々園を中心とした商業の盛んなエリア。北部は豊かな自然を生かしキャンプ場や温泉施設、農業も盛んな地域です。

賃貸物件の特徴
 広島市の中でも比較的賃料相場の安い地域です。
JRや路面電車を利用すれば市内中心部まで楽々通勤可能です!
「広島市中区・広島市西区は高い」とお考えの方、広島市佐伯区に住んでみ…

6万円以下のファミリー向け賃貸マンションなら良和ハウスにお任せください。
6万以下のファミリー向け賃貸マンションであれば月々の家賃が安い物件と言えます。家賃が安いということは敷金・礼金・仲介手数料の初期費用も安く抑えることが可能になります。
毎月支払う家賃はなるべく安く抑えて、子育てや趣味などに使うお金を確保することができます。
家賃が安い=汚い=古いと考える方もいると思いますが、物件によってはリフォームやリノベーションしている物件もたくさん増えてきています。
リノベーション(renovation)とは、
既存の建物に大規模な改修工事を行い、設備や用途の性能を向上させたり付加価値を加えることです。
リフォームとの違いは、リフォームは「元に戻す」や「修復する」の意味合いが強いので、原状回復になり性能が向上したり今まで以上に付加価値が使いない事といいます。

築年数が経過すると、室内の設備が古くなってきます。
壊れたり、色落ち、部品の欠品で修理不能な状態になり、新築物件に勝てなくなります。
そこで、室内を一新、リノベーションを行うことで、新築よりも安く、しかも設備は新築同様。
新築もいいけどリノベーションもおすすめ!
今の広島市の地形の基礎は、天正17年(1589年)毛利輝元が広島城築城の頃ぐらいから海に向かって人工的に埋め立てが繰り返さるようになり形成されました。

広島市には、まちの中心に6つの川(太田川、天満川、元安川、旧太田川(本川)、京橋川、猿猴川)が流れており「水の都」と呼ばれています。
このような地形から広島市は、他の都市と比べ、川が多いのが特徴です。
川が多いということは、リバーサイド物件も多いということになります。
リバーサイドのメリットは、建物がないので、日当たりが良いことです。
「大は小を兼ねる」広さを重視して探してみてはどうです?
家賃重視で狭い間取りを選んでしまい、窮屈な生活になってしまい失敗した人も少なくは無いはずです。
リビングにソファー、大型の液晶テレビを置いてビデオ鑑賞など
家電・家具を置いてもゆったりとスペースを確保でき、休日も快適に過ごせます。

荷物の多い人にもお勧め!
長年生活をしていると自然に荷物が増えてしまいます。
部屋が広いと収納家具を置けるので収納スペースも拡大できます。


「狭い部屋は掃除がラクチン!」と思いきや、
物を動かすスペースが無く、掃除が行き届かない場合があります。

広い部屋だとそんな心配もありません!掃除も楽しく隅々までできます。
女性の防犯意識は男性より圧倒的に高く、お部屋探しの条件として最低でも「2階以上でオートロック付」と思っている女性は少なくありません。また「洗濯機は室内に置きたい」という要望も多く、洗濯機をバルコニーに置いたり、コインランドリーを利用することに抵抗がある女性が多いのも事実です。

安心・安全なセキュリティで外出中だけでなく、家にいる時も快適な生活をおくることができます。折角の新生活、セキュリティを重視した部屋を探してみてはいかがですか?
車をよく使うなら駐車場がどこにあるかが大事
駐車場が付いていない物件を借りると、別途自分で駐車場を探す必要がある。近くで見つけられないと、部屋から遠くて駐車場まで歩いて何分もかかる…なんてことも。思い立ったときにすぐに車を使いたいなら、駐車場が敷地内に付いている物件がおすすめ!

大切な愛車を守りたいなら敷地内駐車場!
駐車場が敷地内にあると、大切な愛車をいたずらされる心配も減る。思い立った時にすぐに車いじりができるのも車好きには大切なポイント。大切な愛車がある人、これから車を買いたい人も、敷地内駐車場にこだわって、お部屋を探してみよう!
急な転勤や事前に住環境を確認したい人にオススメ
早く引越しがしたい、転勤が決まった!という方におすすめの即入居可物件。
契約前に室内の見学ができるので、物件の雰囲気、部屋の広さ、眺望、設備など住み心地をしっかり確認できます。また、周辺の環境や雰囲気、スーパーやコンビニの有無など実際に確かめることができるので安心です。

住んでから「こんなはずじゃ…」なんてことにならないためにも室内見学は重要。
「即入居可」の物件なら見学・契約・引越しとスムーズに進められる。

フリーレントとは、入居後一定期間の家賃が無料になるシステムのこと。

無料期間は、物件や契約内容によってさまざまですが1ヶ月~3ヶ月 程度が多い。

無料の間だけ住んですぐ退去…
 そんなことがあってはオーナーさんが困ってしまいます。そのため、一定期間内の解約に対して違約金などの支払いを求める特約が付いていることが多いのでしっかり確認しよう。

新生活は何かとお金がかかります、フリーレント物件を賢く選んで快適な新生活を始めてみませんか!?

家賃だけでなく新しい家具・家電など新生活は何かとお金がかかります。
お部屋を借りるときに必要なお金は家賃の6ヶ月分が一般的と言われており、
初期費用だけでかなりの金額になります。

敷金・礼金ゼロの物件の1番のメリットは初期費用を大幅に抑えることができること!

 家賃だけでなく、2年間の総支払額も考えて
家賃が予算オーバーの物件でも、敷金・礼金・保証金が少なかったら、それらが高めの物件を借りるより、2年間の支払額が安く済む場合がある。家賃だけでなく、初期費用に注目して部屋探しをしてみると、掘り出し物件に出会えるかも?
ペットと暮らすなら必ずペット相談可の物件で

ペット不可の物件で飼うことは契約違反。
大切なペットと楽しく暮らすためには、必ず飼育が許可されている物件を選びましょう。
ペット相談可の物件は、最近のペット人気を受けて増加傾向にあるものの、まだまだ限られているのが現状です。
最初からペット可物件に限定して探すのが効率的!
ペット可物件の中にはペット専用の洗い場や設備が備え付けられている物件もあり大切なペットと快適に暮らせます。
新築~築浅なら最新設備が充実!
新築や築浅物件のメリットは、何といってもキレイで気持ちがいいこと。
オートロックや防犯カメラなどのセキュリティ設備、対面式キッチンに加えオール電化なんて物件も!
快適な賃貸ライフを送りたいなら、新築~築浅物件が狙い目。

間取りで選ぶなら新築~築浅
新築~築浅物件は住み心地を考え、バス・トイレやキッチンなどの水まわりが広くなったり、収納が増えて、ゆったり、スッキリ過ごせるようになっているものが多い。住み心地を重視するなら、新築~築浅物件を探そう。

キーワード検索(賃貸)

借りる

賃貸物件検索

エリアから探す
沿線から探す